競馬をはじめよう

中央競馬と地方競馬

競馬を主催している団体には2種類あって、JRA(日本中央競馬会)が主催する中央競馬、各地方自治体が主催する地方競馬があります。その二つの違いとはいったいなんでしょうか。


JRA(日本中央競馬会)

つい最近まで私も知らなかったのですが、JRA(日本中央競馬会)は今やCMなどでもおなじみですよね。

昭和23年の競馬法にともない昭和29年に日本中央競馬会法が制定され、競馬が人々の理解と関心を集めていく中で、昭和29年9月16日、競馬施行による国民的レジャーを提供するために結成されました。

現在では札幌・函館・福島・新潟・中山・東京・中京・京都・阪神・小倉の計10カ所にて、年36回の中央競馬を開催しています。日本中央競馬会の取り組みにより現在は血統のスポーツとまで呼ばれるほど競馬施行機関として馬事の復興などにつとめています。

日本中央競馬会の役割は、競馬の魅力を高め、夢と感動を届けるをモットーに、公正な競馬を着実に実地するために取り組んでいます。

競馬の開催を通じて社会への貢献を果たしているのはもちろんのこと、馬文化の発展に大きく協力しているそうです。また、競馬を国際的なスポーツエンターテイメントとして推進しており、中央競馬の開催などを行っています。

競馬はスポーツとしても娯楽としても人気をはくし親しまれ、日本中央競馬会はその開催を円滑に行うため日頃から取り組んでいるのです。また、テレビなどの番組に関する取り組みや国際化への着工にむけてとりくんでいます。

地方競馬

昭和2年7月に制定された競馬法に基づいてJRA(日本中央競馬会)が主催している中央競馬とはことなり地方競馬は各地方自治体が主催しているものです。

中央競馬は基本的に土日の開催を主体としていますが中央競馬は主に平日を含めて数日間、不定期で開催されています。

中央競馬との違いは、馬券の種類やクラス分けなどにありますが、競馬を楽しむ上では双方はまったく問題ありません。そして中央競馬と地方競馬が年に数回行う交流戦はファンを魅了しているほどです。

地方競馬には平地とばんえいの2種類の競争があり、平地競争では一周1000メートル以上のコースを競うもので、ばんえい競走は約1トンもある重種馬が重い鉄製のそりをひいて障害のある約200メートルのコースをパワー面、スタミナ面の両方で競います。

通常では馬の鼻先がゴールに到着した順位により着順を決めますが、ばんえい競走に限りゴールに到着した時点を判定の基準としています。地方競馬の魅力といえばナイター競馬ですよね。

昭和61年に東京の大井競馬場で初めてナイター競馬が実施され「トゥインクルレース」の愛称で知られています。平成6年からは北海道の旭川競馬場で、さらに平成7年には川崎競馬場でも「スーパーキングナイター」がスタートし、ばんえい競馬でもナイター競馬が始まりました。

check

Amazon
http://www.amazon.co.jp/

最終更新日:2014/10/29

Copyright © 2009 競馬をはじめよう All Rights Reserved.